苦闘の日々

いや毎日が苦闘ですよ。

何がってハットン。



patton.JPG


何でもリリーフ専門のパットンさんをラミちゃんが先発させた

みたいで。

2回途中9失点(自責点7点)の大炎上をされたのだとか。

「オープナー」とか言うそうですね。







opuna.jpg


それはオプーナ。

つかやる夫じゃんとwwwww





つーことで、前回同様のパットンネタでサーセンwww

8トン作ってる間はこれで行こうかなとw

パットンさんもこれに懲りずに立派なオプーナになって頂ければなと。







で、8トンの件ですが。



1.jpg


歪んでるとわかってる床面に座面とか側板を組んでいくのは

嫌だなあw

なんか最終的な破滅に向かって一歩一歩進んでくみたいな。



つか何で箱組なんだよ。

出戻り後、唯一完成に至らなかったエッシーの1トンハーフの

悪夢がよぎるじゃまいかw







で、やっぱボディーも歪んでますたwww

ボディーの前の方をピチッとシャシーに乗せると、

後ろの方は5ミリ位浮く的な。

(個人の感想を述べたものです)






証拠写真はありません。

そんなの撮ってる余裕ねえっつーのwww

前縁部から順番に瞬間接着剤で固めていくしかねえじゃんw

シャシーの接着面に土居曹長直伝(つってもツイッター拝見した

だけですけろねw)の伸ばしランナーで

瞬間接着剤を盛り上げて、両手でボディーとシャシーを押さえるも

くっつかねえんで、WAVEさんの瞬間硬化スプレーを

プシッとなしたりとか、腕が3本か4本欲しいっつーの。



2.jpg


で、なんとか、前、中、後ろと接着ポイントはくっついたわけですが、

やっぱ無理やりくっつけたせいか、側板貼ったら、若干の隙間が

できたもんで、タミヤパテをもりっとなと。




4.jpg


このキットって、接着面に塗料が乗ってるとそれだけではまらねえ位

キツキツの精度のいいキットなので、隙間つっても毛筋くらいなもん

なんすけろね。





3.jpg


結局、最終的なしわ寄せは、一番目立つエンジンの防火壁

あたりにwww

いや、後でエンジン見るのを諦めてボンネットからガチガチ

固めていけば隙間なく組めたような気モスんですが、

やっぱボンネットは外せるようにしとこうかなと。

あとはウエザリングでごまかすとしようwwwww





で、大戦初期つーことで、車体4スミに白線が必要なわけですが、

なんでデカールが入ってねえんだよとwww

こんなん塗れとか面倒くせえだろとwwwww





5.jpg


で、どっちがマスキングが面倒くせえかを考えた結果、

白塗ってからジャーマングレーをオーバースプレーすることに。

本来の工程をまるで無視というwww








8.jpg


レストア←エンジン載せますた。



9.jpg


排気管は青焼けとかオレンジ焼けさせようかと思いますたが

流石にそこはぐっと我慢w

ステンレスやチタンほど色出ないと思うしw



7.jpg


操縦席のメーターや銘板はアーチャーさんからデカールが出てる

みたいなんですが、税込1,595円とか書いてあるのを見て

ブラウザをそっと閉じますたwww




つーことで、例によって昭和のテクノロジー、チョボチョボ書きですが

それが何かwww

まあ、写真でアップにすると線とかヘロヘロですが、

裸眼かつ30cm以内に近づかせないように

手前にアクリル板とか置いちゃえばいいんじゃねとかwww

なんだそのソーシャルディスタンスはwwwww




さて、んじゃナンバーとか貼ってみっかねっつーことで

改めてデカールを見たらですよ。





10.jpg





そういうとこやぞ






つかなにこれ。一桁ずつ貼れってか(憤怒)

こんなの誰が喜ぶんだっつーの。

ナンバーなんてのはねえ、出来合いのが3種類位ありゃ

いいんですよ(暴言)

やっぱ、今の世の中、特定されてる車両のナンバーの

使い回しとか許されないんでしょうか。

そこまで気にしなくてもいいじゃん的なwww





まして8トンってフロントに左右対称に2枚貼らないと

いけないじゃん。

どう考えても数字が綺麗に揃う気がしねえwww





で、更に見れば陸軍ばっかじゃんと。

空軍はないのか空軍は。

いつになるかは分かんないけど←いつかはFlak18を

引っ張らせようっつーのに。





つーことで、早速タミヤのカスタマーセンターに

デカールないっすかねって聞いてみたんですけろ、

8トンもフラックザウリアもあえなく在庫切れwwwww




で、仕方なくネットでデカールを探してみたら、

AFTデカールさんからそれっぽいのが出ているのですが

これも送料込みだと1,500円位になっちゃうので

あえなくブラウザをそっ閉じ。

つか、常にそっ閉じじゃんよとwwwww



で、しかたねえからボルスタッドさんご謹製の

ボックスアートのやつにしようかなあでもこれ野砲引いてる

写真があるんよなあとかなかば諦めかけていたところ、




omoituita.jpg





いいこと思いついた!






Hってさあ、縦棒と横棒でできてんじゃんと。

だったら横棒と縦棒切り離して横棒下にずらしたら

Lになるじゃんよと。

更には車体に直貼りだと絶対揃わないから、銅板で

プレート作ってみっかと。




11.jpg




貧乏の勝利




若干横棒がはみ出してますが、そこはホワイトで

修正すりゃあなんとかなろうと。




12.jpg


できますたwwwww



13.jpg


後ろはこんな感じ。つか間隔表示灯すらないのかいと。

このキット、見えなくなるところはやたら凝ってる割に

目立つフロント牽引部の縦棒すら付いてないんで

なんか釈然としないんすよねwww



で、せっかくWLにしたっつーのに

「いや初期型は空軍には配分されていないのだ」みたいな

いらない凶報がその筋(どの筋だ)から入って来るような

気モスんですが、そこは「いや戦場では何が起こっても

不思議ではないのだ」ということで許してつかあさいwwwww






(めん虎さんのこく丸食いてえw)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック