小鹿ホルヒ完成しますたwwwww

前回「大惨事が起こった」と伝えしていた小鹿ホルヒの件ですが。




順を折ってお話ししますれば。



若干、下地のホワイトを厚く塗りすぎた感はあったものの、

基本のジャーマングレーと四隅のホワイトとデカール貼りまでは

順調に進んだわけですよ。



DSCN2387 (1280x958).jpg



で、ウエザリング前に表面整えようと思って缶スプレーの

Mr.スーパークリアの半光沢を吹いたらですよ、

これがしばらく使ってなくてガス圧が下がってたのか

ノズルが若干詰まってたのかは今となっては謎なのですが、

とにかく、ちゃんと霧にならなくてですね、

線状の塗料がちゅちゅちゅちゅちゅーみたいなwwwww

一平ちゃん夜店の焼きそばのマヨビーム的なwwwwww




で、兆候を発見したところで諦めりゃいいものを、

乾けばなんとか平滑になるだろう的な甘い見込みで

塗装を強行wwwww





DSCN2391 (983x736).jpg




neko.jpg






こんなんなっちゃったwwwww(CV:忌野清志郎)







ほら 見てごらん

面白いぜ!

ほら 見てごらん

だんだん凄くなる!



こんなんなっちゃった(ドコドコドコドコドコドコ)

こんなんなっちゃった(ドコドコドコドコドコドコ)

こんなんなっちゃった(ドコドコドコドコドコドコ)

笑っておくれwwwww







もうね、ケーシー高峰師匠ばりのボッコボコでw

おまけにタミヤカスタマーセンターさんに送ってもらった

デカールを貼った後にこの大惨事とはwwwww

そりゃないよセニョール的なwwwww

心がボコォ!!って轟音とともに折れますたよとwwwww




つーことで、ひざびさの丸洗いにw

つか、ツイッター見てると最近は「ドボン」とか

言うみたいですね。

結構「ドボン」してる人多くてワロタw



しかしまあ、デカール貼っちまってるもんで、

丸ごとシンナードボン漬けは厳しいかなっつーことで、

デカール面にはシンナーがかからないように慎重に筆で洗浄開始。




で、ここで、今回投入した新兵器を改めてご紹介。



DSCN2521 (1280x960).jpg


はい、こちら日本が世界に誇る重松製作所さんの

防毒マスク、GM-77です。

いえね、これまでは左っ側のマスク着けてたんですけろね、

エアブラシで塗装した後、なんだか喉が痛くなるんすよね。



以前はあんま気にしてなかったんですが、

昨今の状況下だと喉の痛みとか気になるじゃないすか。

つーことでAmazonでポチッとなして購入。



で、使ってみるといいんだなこれが。

シュコーシュコー言って若干ダースベーダー的な感じも

あるんすけろ、喉の痛みはもとより、溶剤の匂いすら

しないという。

防毒マスクなので当たり前とは言えここまでとは。

もしかして嗅覚消失したかっつーくらい何も臭わんw。

もっと早く使ってりゃよかったw




で、次。



DSCN2523 (1280x959).jpg




透明レジンと硬化用の365nm UVライト。

というのも、オリジナルのダッシュボードって

同じメーターが並んでてあんまりだったもんで、

針のモールドとか全部削って、ちょぼちょぼ書きで

書き直しましたよと。

せっかくだからガラス面は透明レジンにしてみっかなと。



で、ホルニッセん時のタミヤ光硬化パテの暗い思い出が

蘇ったもんで、ここは万全を期してUVライトも買っとくかと。






次。


DSCN2525 (1280x959).jpg


お線香wwwww

こちらは下手くそ棒の先端の玉とか、チョークレバーのノブとか

リアパネルの開閉ボタンを伸ばしランナーから作るのに、

これまでは100円ライターでさっと炙ったりしてたんですが、

ここはやっぱりお線香の方が堅実かなと。

昭和のテクノロジーですサーセンwwwwww








で、お線香で炙ってたらなんか香りにハマっちゃってですね。






DSCN2529 (1280x960).jpg





香炉買っちゃいますたwwwww




ちょっと香道とかやってみようと思っています。

何もかもがニワカでサーセンwwwww




つーことで、橋の下をたくさんの水が流れてですね。




DSCN2440 (1280x961).jpg


ホルヒ1aの完成でーすッ!(CV:堺正章)



国内の安全地域かなんかに展開している空軍部隊っつー感じで

ヘッドライトの遮光カバーは無い方がかっこいいかなとか

思ったもんで付けてませんサーセンw

決して面倒くさかった訳ではありません(白目)





DSCN2402 (1280x960).jpg


左側です。

最近は印鑑廃止の趨勢ですが、大戦初期っぽいかなとか思って

ナンバープレートに赤の検印みたいなの入れてみますたw

いやそれってバイクだけだろ的なツッコミがその筋(どの筋だ)

からあるのかもしれませんが、どーでもえーわそんなんw






DSCN2431 (1280x958).jpg


で、その透明レジンでガラス作ったダッシュボードがこちらですw

ガラス感、あんまなくてサーセンwwwww

まあ、クリアの厚塗よりかは怪我する可能性が低いかな的なw





DSCN2448 (1280x960).jpg


はい、こちらジョドーのMG34とか幌になります。

MG34のマガジンはやっぱ金属色かなあとかも思ったのですが、

なんかフィールドグレーがそれっぽいような気がしたもんで

そっちにしますたw

ちなみに銃座のシャフトはちょうどいいプラ棒がなかったんで

パンツァーファウスト30を切って作ってますw





DSCN2436 (1280x960).jpg


幌とかワイヤカッターとかKar98kとかも頑張りますた。

どうか存分に褒めてくださいwwwww





DSCN2504 (1280x959).jpg


車間表示灯は安定の天の邪鬼っぷりで、

フラップ跳ね上げ、尾灯とブレーキライト状態ですw

その辺にあったショーモデリングのエッチングパーツで作りますたw

あ、そういや今回初めて写真用に黒フェルトを導入してみますたが、

見事に光っててサーセンw

ライト一つしかないもんでwww









で、恒例の羞恥シリーズつーことで、タミヤの組立説明書の

522/42っぽくしてみますたが


52242.jpg




DSCN2458 (1280x960) - コピー.jpg


ダメでしたサーセンwww




こうしてみると、若干ボンネットの傾斜が足りないのかなっつー

気がしないでも無いですが、まあなにぶん45年前のことですので

気にしない気にしないwww

それより誰だッ!!フロントガラスの下に隙間があるっつー

考証派はッ!!



いや、考証派じゃなくても言うだろとwwwww

二度とフロントを立てることはないでしょうwwwww



DSCN2501 (1280x958).jpg


最後はこんな感じです。スコップも頑張りますたw




褒めてwww




つーことで、2021年の一作目、ホルヒ1aの巻、

無事?終了でございます。



さて、次は何作ろうかなとw

みんなタミヨンとか楽しそうに作ってるしなあ。

天の邪鬼の血が騒ぐえwwwww




(ちなみに私は今、沈香の香りに包まれておりますw)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック