オペル・ブリッツ始めますたw

つかなに、今、「オペル・ブリッツ」つっちゃいけんの?

「ドイツ3トン 4×2カーゴトラック」とか。

めんどくせえすなあ。ホルヒはいいのに。

あ、ホルヒは無くなっちゃったからかwww




それにしてもオペル・ブリッツとか生産してたの

1975年くらいまででしょと。

その頃売ってたトミー・イタラエレイだって

オペル・ブリッツつってたじゃんよと。

生産終了してから45年以上経つのに

未だに金取るんすかねwww知らんけどwww




つーことで、最近(その頃のことですw)なんだか

Twitterでオペル・ブリッツよく見るもんだから、

ワイも作ってみっかなと。



で、例によってヤフオク!とかを巡回してみたんですが、

意外と高いぞこれw

特にイタラエレイもんは溶かすタイヤが心配だしのお。




つーことで珍しくamazonさんでタミヤの新品を

ポチッとなとw

で、どうせなんでお手軽なPassion Modelsさんの

エッチングパーツもついでにポチッとなと。



DSCN2736 (1280x962) (1280x962).jpg


はい、オットーとハーマン到着wwwww

これで半年は戦えるえwwwwww

いやもっと短期間で作れよとwwwww



で、荷台のパーツを見てみると。



DSCN2745 (1280x958) (1280x958).jpg


なんだ、この突き出しピンの嵐はwwwww

それも木目モールドの中にwwwww

内側とはいえこんなんウエザリングしたら超目立つだろと。

タミヤェ…。作りやすいぞwww





つか、実はこのくらいまでこのキットは

イタラエレイの箱替えキットだと思ってますたサーセンwww

ここに来て荷台の高さが違うので気づくという体たらくでwww





いや、最近のキットにしちゃあ腑に落ちないモールドとか

1970年代ばりのランナーの太さとかあったもんで、

ホルヒとか1トンハーフみたいに一部を新規パーツ化した

だけかなあとか思ってますたサーセンwww



DSCN2750 (1280x960) (1280x960).jpg


つーことで、なるべく木目モールドを潰さないように

周囲をマスキングした上でタミヤパテをモリッとなと。




DSCN2756 (1280x960) (1280x960).jpg


はいできますた。



で、運転席内を見ると。


DSCN2758 (1280x959).jpg


ここもかいやwwwww

まあ、どうせ見えなくなるんでしょうけど、

気は心っつーことでw




DSCN2761 (1280x960).jpg


3ペダルの右になんかもう一つペダルがあるみたいなんで

プラバンで作り直して、足当て面にエッチングパーツを

ペタっとなと。

クラッチペダルに変な丸が付いてるのは8トンハーフトラックの

フェンダーステップの使いまわしだからですサーセンw

それとアクセルペダルは点々じゃなくて縦線みたいですが、

まあ、どうせ見えなくなるしね2www




DSCN2764 (1280x959).jpg


スピードメーターとかも2008年のキットとは思えなかった

んですけろ、エッチングパーツ貼ったんで、チョボチョボ書きでも

それなりになりますた。

つかここはやっぱデカールだろうがよと。




DSCN2769 (1280x960).jpg


反対側はこんな感じです。

床は木の色で塗ってからケープ塗りした後で

アクリルのジャーマングレー塗ってカリカリしますたw




DSCN2775 (1280x959).jpg


で、ボンネットとかドアを取り付けたわけですが、

これがいささか難物で。

ドアをまっすぐに取り付けるためには

いろんな方向から結構な力をかけた上で

接着剤で固めていく必要があるようで。

(個人の感想を述べたものです)




ここで威力を発揮したのが

「タミヤセメント(流し込みタイプ)速乾」です。

普通の流し込みタイプよりだいぶ接着力が強いみたいで

瞬間接着剤使わなくても歪み無く組むことができますた。



で、平日はなんだかんだ忙しくてあっという間に

一週間が経過。

さて、製作再開すっかなと机に座ったところ、







saikoro.jpeg







DSCN2773 (1280x960).jpg








蒸発しとるwwwww







いや、この手の蓋あけっぱ、実は時々やってたんですが、

これまでの流し込みタイプじゃほとんど減ってなかった

じゃんよとwww

これが速乾の威力なのか(CV:緒方賢一)



つーことで、近所の模型屋さん行って新品を購入。

374円。痛てててwwwww




DSCN2777 (1280x960).jpg


例によって大戦初期狙いつーことで

ヘッドライトはレンズ丸出しっつーことにしますた。

中にはそれっぽく電球(のようなもの)を作って

入れてあります。褒めてwww



で、ここまで組んで気づいたのですが、

フロントグリル吹き抜けかいやと。

ここらあたりも2008年のキットとは思えんなあと。

まあエンジンはいらんけど、だからって吹き抜けは

ないだろようと。

本件に関しても静岡駅前の居酒屋で俊作タンに

小一時間絡みたいwwwww




DSCN2772 (1150x860).jpg


つーことで、ラジエター面を自作。

本来は網目じゃないんでしょうけど

どうせ黒く塗っちまえばわからんだろとw




DSCN2781 (1280x960).jpg


ジェリカンのホルダーは何年かぶりで

ハンダゴテ引っ張り出してはんだ付けしますた。

もちろんハンダゴテの先端とかサビサビんなってて、

フラックスも効かなくなってたのでそれぞれ新調しますた。

痛えwww



で、とりあえずシャシーとキャビンと荷台を仮組みw


DSCN2785 (1280x961).jpg


お、なかなか良いぞえwww




DSCN2790 (1280x958).jpg


荷台の側板が低くてあんま荷物積めなさそうだけど、

これはこれでトラックらしくていいねと。







(ふん、もう組み上がったと思っているな)


(では台無しにしてやるかwwwww)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック